【注目】FX業者選びの決定版!有利なFX!全FX業者のスプレッドを一覧比較 詳しくはこちら

人気のFX業者を徹底特集

クリック証券
GO!
DMM FX
GO!
外為どっとコム
GO!

通貨の特徴

米ドル

米国経済が世界経済に影響を及ぼし、すべての通貨に絡む基軸通貨

米ドルの特徴

世界の基軸通貨で、原油や金の決済通貨としても有名。最近はユーロの台頭により地位が下がりつつある。世界的に影響力のある通貨である。世界中の国々から影響を受け、自国の経済状況や、金や原油のプライスに左右される。経済状況に対する情報が多く、取引しやすい。

米ドルの投資スタイル

米ドルは最も流動性が高い通貨のため、値がつかずに取引ができなるなることは少ない。また多くの情報が得られるため、初心者がFXを始めるのに適した通貨といえる。現在、米国はゼロ金利政策をとっているため、米ドル買いによるスワップ金利のメリットは享受しがたい。値動きは比較的穏やかで保合い相場を形成しやすいのが特徴だ。そのためブレイクアウト後の順張りが基本スタイルとなる。

短期取引 ◎中期取引 ○長期取引 △

米ドルのリスク

原油価格の高騰

米国は世界最大の原油消費国であり、またほとんどの国が原油の取引に米ドルを用いるため、原油価格の動きに影響を受ける。原油価格が上昇すると米ドルが売られる。つまり原油価格はドルと連動するのである。

双子の赤字

双子の赤字とは、米国の貿易(経常)赤字と財政赤字のことである。貿易(経常)赤字とは輸出より輸入が多い状態を意味し、財政赤字とは国の歳出が税金では賄えない状態を意味する。米国は現在、この貿易赤字、財政赤字ともの過去最大の金額を記録している。

米国の基本データ

国土面積 9,629(千平方q) 日本の約25倍
人口 308,798(千人) 2008年推計値
GDP総額(名目) 138,075(億ドル) 2007年
実質GDP成長率 2.9% 2006年
経営収支 ▲7,312(億ドル) 2007年
貿易収支 ▲7,003(億ドル) 2007年
外貨準備高 595(億ドル) 2007年

人気カテゴリ別ランキング

FX業者は取引スタイルに応じて選ぶ必要があります。多くの投資家が選んでいる定番のFX業者をご紹介!

低コストランキング

1位

GMOクリック証券

GMOクリック証券

取引高世界第1位を誇る「GMOクリック証券」。ドル円0.3銭(原則固定)を始めとした全14通貨ペアで驚きの低スプレッドを提供する文句なしのFX業者です。

2位

SBI FXトレード

ドル円0.27銭(原則固定)の低スプレッドが魅力!

3位

DMM.com証券

全20通貨ペアで原則固定の低スプレッドを提供!

スワップランキング

1位

マネーパートナーズ

マネーパートナーズ

5年連続約定力第1位を誇る「マネーパートナーズ」。スベりなしのパートナーズFXと100通貨単位で初心者におすすめのパートナーズFXnanoが選べるFX業者です。

2位

外為オンライン

低スプレッドと最高水準のスワップポイントが魅力!

3位

SBI FXトレード

スプレッドだけでなく、スワップポイントも業界最良水準!

取引単位ランキング

1位

SBI FX

SBI FXトレード

SBIグループの「SBI FXトレード」。ドル円0.27銭(原則固定)という驚きの低スプレッドとFX業者では珍しい1通単位からの取引を提供する人気のFX業者です。

2位

マネーパートナーズ

100通貨から取引できるパートナーズFXnanoが魅力!

3位

ヒロセ通商

メジャー・マイナー含め、通貨ペア数は全50種類!