【注目】FX業者選びの決定版!有利なFX!全FX業者のスプレッドを一覧比較 詳しくはこちら

人気のFX業者を徹底特集

クリック証券
GO!
DMM FX
GO!
外為どっとコム
GO!

通貨の特徴

ユーロ

米ドルの信用性急落で第二の基軸通貨としての存在感増す

ユーロの特徴

対米ドルでの通貨ペアでは世界一の取引数量を誇り、近年のユーロ建て起債発行は米ドル建てを上回っている。、流動性の高い通貨で、比較的プライスが安定している。複数の国家にまたがるため、加盟国全体の経済状況と規模を考慮する必要がある。

ユーロの投資スタイル

第二の基軸通貨として流動性は米ドルに次ぐ、安定性を誇るユーロ。そのうえ、スワップ金利は 米ドルより高いのでスワップ金利狙いの中・長期投資としても米ドルより面白い。ただ米ドルとの相対性がかなり強いため、たとえユーロ/円の取引でも、絶えず米ドルの動向に注目する必要がある。またユーロは採用国が多いため、その分要人発言も多い。経済指標など常にニュースや動向に注目する必要がある。

短期取引 ○中期取引 ○長期取引 ○

ユーロのリスク

インフレの加速

ユーロ圏内のインフレが加速すると、ECBは利上げを実施する。ユーロ圏内の経済はまだ回復していないことから、スタグフレーション(物価上昇と景気後退が同時に進む状態)となり、ユーロ売りにつながるおそれも考えられる。

ユーロ加盟国の経済格差

ユーロ採用国16ヵ国だが、そのGDPは80%はフランス、ドイツ、イタリア、スペインの4ヵ国でまかなっている。そのため他の12ヵ国との経済格差が大きく、景気が悪くなるとユーロの通貨価値が下がるリスクを持っている。

ユーロの基本データ

国土面積 2,586(千平方q) EU圏
人口 323,977(千人) 2008年時点(ユーロ圏16カ国)
GDP総額(名目) 107,692(億ドル) 2007年(EU27カ国の数値)
実質GDP成長率 2.8% 2006年(EU27カ国の数値)
経営収支 ▲1,270(億ドル) 2007年(EU27カ国の数値)
貿易収支 ▲999(億ドル) 2007年(EU27カ国の数値)
外貨準備高 2,156(億ドル) 2007年(ユーロ圏13カ国)

人気カテゴリ別ランキング

FX業者は取引スタイルに応じて選ぶ必要があります。多くの投資家が選んでいる定番のFX業者をご紹介!

低コストランキング

1位

GMOクリック証券

GMOクリック証券

取引高世界第1位を誇る「GMOクリック証券」。ドル円0.3銭(原則固定)を始めとした全14通貨ペアで驚きの低スプレッドを提供する文句なしのFX業者です。

2位

SBI FXトレード

ドル円0.27銭(原則固定)の低スプレッドが魅力!

3位

DMM.com証券

全20通貨ペアで原則固定の低スプレッドを提供!

スワップランキング

1位

マネーパートナーズ

マネーパートナーズ

5年連続約定力第1位を誇る「マネーパートナーズ」。スベりなしのパートナーズFXと100通貨単位で初心者におすすめのパートナーズFXnanoが選べるFX業者です。

2位

外為オンライン

低スプレッドと最高水準のスワップポイントが魅力!

3位

SBI FXトレード

スプレッドだけでなく、スワップポイントも業界最良水準!

取引単位ランキング

1位

SBI FX

SBI FXトレード

SBIグループの「SBI FXトレード」。ドル円0.27銭(原則固定)という驚きの低スプレッドとFX業者では珍しい1通単位からの取引を提供する人気のFX業者です。

2位

マネーパートナーズ

100通貨から取引できるパートナーズFXnanoが魅力!

3位

ヒロセ通商

メジャー・マイナー含め、通貨ペア数は全50種類!